スカイマークの予約について

skyfa

家族で旅行に行くときも、ひとり旅をするときも、飛行機代が安く済めば言うことはありません。浮いた費用を使って美味しい物を食べたり、豪華なお土産を買って帰ってくることもできるでしょう。最近では日本でもLCCという格安航空会社が人気です。LCCの頭文字は英語でローコストキャリアのことで、飛行機代が驚くほど安く、アメリカでは1990年代に広がって行きましたが、日本では2011年から運行しています。LCCの中でも有名なのが、Skymarkの格安の航空券で、予約の仕方にも注意することがあります。

十分前もって予約する必要がある

SKYMARKのチケットはインターネットを使ったオンライン予約で直接予約できるほか、街中にあるトラベル旅行店でも手続きができます。スカイマークの航空券は格安なので、すぐに完売するともあるため、時間がたくさんあれば予約するようにしましょう。予約するときに覚えておく点として、前割7、前割3、前割1という区分があり、搭乗日の7日前、3日前、1日前に予約した後でも、便の変更ができます。旅行で使う場合には急な変更は少ないですが、海外に出張するサラリーマンにとっては、変更出来るのはありがたいです。

子供の予約について

スカイマークで予約するときには、大人1人につき、0才から2才までの子供は1人まで無料で乗れ、大人の膝の上か抱きかかえて搭乗します。満3歳を迎えた子供は座席に自分の座席に座らなければならないので、料金がかかります。親が割引サービスを使ってチケットを買った場合には、3歳以上の子供の料金は、通常の割引料金か小児料金のうち安い値段でいけることがあります。

8歳以上の子供は、単独で座席を予約しなければならないので、小学生なので搭乗は無料というわけにはいきません。さらに、8歳に達していない子供は、同伴者が必要ですが、同伴者は満12歳以上なので、大人ではなくてもかまいません。両親が実家に帰っている時に、子供たちが両親の後を追って飛行機に乗ることも可能です。

6歳と7歳の子供の子供であれば、1人旅サービスがあり、見送りの人と到着地で出迎えてくれる人がいれば、子供一人だけで飛行機に乗ることができます。なお、5歳以下の子供は1人旅サービスは適用されないので、12歳以上の同伴者と一緒に飛行機に乗ることになります。さらに、12歳から21歳までの若者のための割引プランもあり、飛行機に乗る前の日の朝7時から当日まで予約ができるので便利です。

• • •

持ち込める荷物と予約の注意点

LCCの格安航空券を使って、旅行を楽しむ人は大勢います。航空券を格安で提供しているので、いたるところでコストの削減が見られ、値段は安いけれど落着いて乗っていられなかったり、サービスに満足できないと思う人もいるようです。スカイマークもコストを削減する方法を取っていますが、他社とは違うメリットもあるので予約をする時は注意事項にも目を通しておくと便利です。

持ち込める荷物について

一般のLCCの場合にはコスト削減と料金徴収のために、手で持っていく荷物ををある程度にして、預ける荷物と機内に持ち込める荷物の重量に制限があります。ところが、スカイマークでは、手荷物は1人20kgまで無料でしかも個数に制限がありません。これは非常に有難い規定で、旅先でお土産を買い込んでも超過料金を気にすることなく持ち帰ることができます。

荷物を預ける際に予約の時に注意は必要ですが、預けるスーツケースの個数に制限が無いので、2つのスーツケースを持ち歩いて旅をすれば快適な旅行を楽しむことができるでしょう。飛行機の中に持ち込める手荷物ショルダーバックやデジカメなどで、3辺の合計が115cm以内で10kg以内の荷物も持ち込めるので、軽いボストンバッグなら機内に持ち込むことも可能でしょう。

予約を取り消しする時には十分に注意する

LCCの予約した後の注意点として、航空券を予約はしたものの時間変更や取り消しができないことがあったり、変更の手数料が高なることもあるのできをつけたほうがいいと思います。基本的には時間の変更は可能で、時には朝の便を予約していたのに空港までのバスが間に合わずに飛行機に乗れないこともあります。空港の中にあるスカイマークのカウンターに行って事情を話せば、多くの場合には便を変えることもできます。

しかし、割引セールで買ったチケットであれば、払い戻しができない可能性があるので、スカイマークの公式ページでよく確認しておく必要があります。また、ゴールデンウィークや夏休みの時期には予約が殺到するので、空いた座席がなく、便の変更に応じてくれないこともあります。LCCで飛行機のticketを買うときに覚えておく点として、どうしても便の変更が出来ない時には、予約した便を一度キャンセルしてもう一度予約を取り直すこともあります。そのため、予約をするときも前もって予定を立てて、余裕をもって日付を決めるようにしましょう。

• • •

スカイマークの機内サービスについて

仲の良い友人と一緒に旅行に行きたいと思う人は少なくありませんが、普段は会社に勤めているサラリーマンでも、時間があるときに集まって、一緒に食事をしたり一緒に旅行したりすることもあります。サラリーマンになって自分で自由にお金が使えると、旅行を節約三昧にはしたくないものです。普段は別々の地域に住み、会う機会がないので、今回の旅行は奮発して美味しいものをたくさん食べようという話で盛り上がっても、やはり食事以外が安く上がるならそれに越したことはないでしょう。

スカイマークの飲み物のserviceについて

格安航空会社のスカイマークは、飲み物や食事を無料で提供してくれることはありませんが、飲み物、また軽食やオリジナルグッズを機内で買うことができて、JALやANAなど他の代表的な航空会社と比べると、安い値段で買うことができます。具体的には、1杯100円でソフトドリンクを提供していて、温かい飲み物にはコーヒー、紅茶、緑茶の中から選ぶことができ、冷たい飲み物は、ポカリスエットか水、コーラ、りんごジュースの中から全部100円で選ぶことができます。一部の口コミによると、冷たい飲み物といっても常温のペットボトルを出してくるそうです。

さらに、大人に嬉しいのが1杯300円でビールやワインなどアルコールドリンクも買えることで、久々の休みに羽を伸ばして旅行して、飛行機の中で軽くアルコールを飲んで過ごすこともできます。アルコールも数種類用意されていて、キリンビール、神戸ワインの赤と白ワインです。さらに、飛行機を降りた後に車を運転する人のことも考えて、ノンアルコールビールも用意されています。なお、ノンアルコールビールあれば200円で買うことができます。夏の間は、アイスコーヒーとアイスカフェオレが提供され、アイスクリームの販売もあるので、子供たちにとても人気があります。

スカイマークは食事も有料

お腹がすいた時のために、おやつを100円で購入することができ、オニオンスープ、クラッツ、じゃがりこ、プチチョコチップ、カップヌードルの中から選ぶことができます。無料でキャンディーをもらうことができますが、欲しければ申し出ることになり、ムダを出さないように徹底されています。このように、全てにお金が掛かるのは気分がよくありませんが、LCCなので仕方ないと割り切ることもできますし、有料とは言え安い値段で飲み物を購入できるので、サービスは充実していると言えます。

• • •

スカイマークの座席と電源コンセントについて

家族や友人と旅行する機会があまりないのなら、一緒に旅行に行くときにはゆったり落ち着いて飛行機に乗りたいものです。多くのLCCはチケットの値段を下げるために、小さな飛行機に乗客をギリギリまで詰め込むので、前と後ろの座席の感覚が狭く乗り心地がよくありません。スカイマークの飛行機は、座席間の幅も極端に狭いわけではなく一般的な間隔があります。

座席は予約時に指定できる

SKYMARKのは座れる場所が177座席で、座席幅は42cmから45cmあり、席と席の間も79cmあるので、窮屈な気持ちにならなく快適な間隔で飛行機に乗ることができます。実際に身長が180センチで体格の良い男の人が乗っても窮屈さは感じないらしいので、子供や女性であれば全く問題ないでしょう。また、飛行機の中にはトイレも前方に1箇所、後方に2箇所あるので、全部で3箇所あり、おむつの交換台もあることから、SKYMARKでは、小さな子供を連れている人でも格安航空券とは言え快適な旅行を楽しむことができます。

また、スカイマークでは一部の乗客が狭いと感じないために予約の時点で、ゆったりとした座席を選ぶこともできます。しかし、座席を指定出来る人は限られていて、15歳以上で、健康であり、搭乗の時に付き添いの乗客や係員の手伝いを必要としない人であることが求められます。さらに、緊急時のことも考えて、ドアの開け閉めと緊急脱出の援助ができる人、他の乗客を口頭で誘導できる人がふさわしいでしょう。とりわけ大きな制約もないので、予約の時に申請すればゆったりした間隔が広めのシートにしてくれます。ゆったりしたシートを予約すると、おまけで搭乗手続きと手荷物の受取を優先してもらえます。さらに、飛行機の中でドリンク一杯が無料になるサービス券ももらえるのでお得です。

座席で電源コンセントが使える

スカイマークの飛行機では、170席以上あるうちの、半数以上の座席の下に電源コンセントがあるので、フライトしながらパソコンや手持ちの端末などを充電することができます。スカイマークは格安で航空券を提供しているので、機体をフルで運行していて飛行機の到着時刻が遅れることが多いデメリットがあります。そのため、乗客は空港で待っている間に携帯をいじっていると、バッテリーが消費して残量がなくなることもあるので、電源コンセントがあるのは有難いです。電源コンセントにスマートフォンを挿して充電すると、正常に接続できている時は緑の光が点灯し、問題があるときは赤色の光が点灯します。

• • •

スカイマークが遅れた時と対処法

LCC格安航空会社のスカイマークは、コストを減らすためにサービスを減らして、ダイヤも時間ギリギリで運行しています。チケットが安いのは魅力ですが、ANAやJALのようなおもてなしのサービスは期待できません。スカイマークの飛行機の時間が遅れるのは、悪天候だけが原因ではなく、機材の調子が悪いこともあり、価格を抑えるために機材をぎりぎりで使っているので故障しやすいのかと思ってしまうものです。公式サイトを見ても、定時に出発できる確率は80%で、場合によっては70%のこともあるので、遅延率が20%から30%だと5便に1便は遅れて出発することになります。そのため、時間通りに飛んだらいいなという感覚でいると良いでしょう。

夏休みの時期は定時で出発するのが難しい

家族旅行が多い夏休みの時期には、子供から大人まで飛行機を利用するので、混雑してしまい搭乗に時間がかかり、出発の時間が遅れやすくなるので、時間に余裕を持って空港に到着したほうが良いでしょう。スカイマーク側も時間の節約には対応していて、飛行機に搭乗するときに、赤ちゃんや子供連れの人、助けが必要な高齢者などをまず優先して搭乗させるようにして混雑を避けています。

ANAやJALだと往復で6万円以上かかる距離でも、スカイマークを使えば往復3万円で運行できるので、時間が少し遅れても許せる範囲でしょう。しかし、仕事で到着時間がきっちりと決まっているビジネスマンにとっては、時間通りに出発できないのは仕事に影響が出るので、別の航空会社を使った方がいいかもしれません。

欠航の時や遅れた時は保証もある

スカイマークでは予定時刻の60分以上遅れたときには、自分が予約した便の出発予定日から30日以内の他の便へ変更することができます。また、予約した便の次の日から数えて、10日後にチケットを払い戻してもらうこともできます。多くのLCCはたとえ出発の時刻が遅れてもお金は返してくれないのが主流なので、スカイマークは良心的と言えるかもしれません。

実際に、スカイマークの飛行機が遅れた時に乗り合わせた人の話では、搭乗する前に1000円の補償金をもらえるそうです。封筒の中には、空港で待っている間の喫茶代という名目で、1000円が同封されていたそうです。LCCは格安でチケットを提供しているので、スカイマークで保有している飛行機も数は少ないのが現状です。一台の飛行機をフル回転で使っているので、時間が遅れやすいというデメリットもあります。

• • •