スカイマークの予約について

skyfa

家族で旅行に行くときも、ひとり旅をするときも、飛行機代が安く済めば言うことはありません。浮いた費用を使って美味しい物を食べたり、豪華なお土産を買って帰ってくることもできるでしょう。最近では日本でもLCCという格安航空会社が人気です。LCCの頭文字は英語でローコストキャリアのことで、飛行機代が驚くほど安く、アメリカでは1990年代に広がって行きましたが、日本では2011年から運行しています。LCCの中でも有名なのが、Skymarkの格安の航空券で、予約の仕方にも注意することがあります。

十分前もって予約する必要がある

SKYMARKのチケットはインターネットを使ったオンライン予約で直接予約できるほか、街中にあるトラベル旅行店でも手続きができます。スカイマークの航空券は格安なので、すぐに完売するともあるため、時間がたくさんあれば予約するようにしましょう。予約するときに覚えておく点として、前割7、前割3、前割1という区分があり、搭乗日の7日前、3日前、1日前に予約した後でも、便の変更ができます。旅行で使う場合には急な変更は少ないですが、海外に出張するサラリーマンにとっては、変更出来るのはありがたいです。

子供の予約について

スカイマークで予約するときには、大人1人につき、0才から2才までの子供は1人まで無料で乗れ、大人の膝の上か抱きかかえて搭乗します。満3歳を迎えた子供は座席に自分の座席に座らなければならないので、料金がかかります。親が割引サービスを使ってチケットを買った場合には、3歳以上の子供の料金は、通常の割引料金か小児料金のうち安い値段でいけることがあります。

8歳以上の子供は、単独で座席を予約しなければならないので、小学生なので搭乗は無料というわけにはいきません。さらに、8歳に達していない子供は、同伴者が必要ですが、同伴者は満12歳以上なので、大人ではなくてもかまいません。両親が実家に帰っている時に、子供たちが両親の後を追って飛行機に乗ることも可能です。

6歳と7歳の子供の子供であれば、1人旅サービスがあり、見送りの人と到着地で出迎えてくれる人がいれば、子供一人だけで飛行機に乗ることができます。なお、5歳以下の子供は1人旅サービスは適用されないので、12歳以上の同伴者と一緒に飛行機に乗ることになります。さらに、12歳から21歳までの若者のための割引プランもあり、飛行機に乗る前の日の朝7時から当日まで予約ができるので便利です。