持ち込める荷物と予約の注意点

LCCの格安航空券を使って、旅行を楽しむ人は大勢います。航空券を格安で提供しているので、いたるところでコストの削減が見られ、値段は安いけれど落着いて乗っていられなかったり、サービスに満足できないと思う人もいるようです。スカイマークもコストを削減する方法を取っていますが、他社とは違うメリットもあるので予約をする時は注意事項にも目を通しておくと便利です。

持ち込める荷物について

一般のLCCの場合にはコスト削減と料金徴収のために、手で持っていく荷物ををある程度にして、預ける荷物と機内に持ち込める荷物の重量に制限があります。ところが、スカイマークでは、手荷物は1人20kgまで無料でしかも個数に制限がありません。これは非常に有難い規定で、旅先でお土産を買い込んでも超過料金を気にすることなく持ち帰ることができます。

荷物を預ける際に予約の時に注意は必要ですが、預けるスーツケースの個数に制限が無いので、2つのスーツケースを持ち歩いて旅をすれば快適な旅行を楽しむことができるでしょう。飛行機の中に持ち込める手荷物ショルダーバックやデジカメなどで、3辺の合計が115cm以内で10kg以内の荷物も持ち込めるので、軽いボストンバッグなら機内に持ち込むことも可能でしょう。

予約を取り消しする時には十分に注意する

LCCの予約した後の注意点として、航空券を予約はしたものの時間変更や取り消しができないことがあったり、変更の手数料が高なることもあるのできをつけたほうがいいと思います。基本的には時間の変更は可能で、時には朝の便を予約していたのに空港までのバスが間に合わずに飛行機に乗れないこともあります。空港の中にあるスカイマークのカウンターに行って事情を話せば、多くの場合には便を変えることもできます。

しかし、割引セールで買ったチケットであれば、払い戻しができない可能性があるので、スカイマークの公式ページでよく確認しておく必要があります。また、ゴールデンウィークや夏休みの時期には予約が殺到するので、空いた座席がなく、便の変更に応じてくれないこともあります。LCCで飛行機のticketを買うときに覚えておく点として、どうしても便の変更が出来ない時には、予約した便を一度キャンセルしてもう一度予約を取り直すこともあります。そのため、予約をするときも前もって予定を立てて、余裕をもって日付を決めるようにしましょう。