スカイマークの座席と電源コンセントについて

家族や友人と旅行する機会があまりないのなら、一緒に旅行に行くときにはゆったり落ち着いて飛行機に乗りたいものです。多くのLCCはチケットの値段を下げるために、小さな飛行機に乗客をギリギリまで詰め込むので、前と後ろの座席の感覚が狭く乗り心地がよくありません。スカイマークの飛行機は、座席間の幅も極端に狭いわけではなく一般的な間隔があります。

座席は予約時に指定できる

SKYMARKのは座れる場所が177座席で、座席幅は42cmから45cmあり、席と席の間も79cmあるので、窮屈な気持ちにならなく快適な間隔で飛行機に乗ることができます。実際に身長が180センチで体格の良い男の人が乗っても窮屈さは感じないらしいので、子供や女性であれば全く問題ないでしょう。また、飛行機の中にはトイレも前方に1箇所、後方に2箇所あるので、全部で3箇所あり、おむつの交換台もあることから、SKYMARKでは、小さな子供を連れている人でも格安航空券とは言え快適な旅行を楽しむことができます。

また、スカイマークでは一部の乗客が狭いと感じないために予約の時点で、ゆったりとした座席を選ぶこともできます。しかし、座席を指定出来る人は限られていて、15歳以上で、健康であり、搭乗の時に付き添いの乗客や係員の手伝いを必要としない人であることが求められます。さらに、緊急時のことも考えて、ドアの開け閉めと緊急脱出の援助ができる人、他の乗客を口頭で誘導できる人がふさわしいでしょう。とりわけ大きな制約もないので、予約の時に申請すればゆったりした間隔が広めのシートにしてくれます。ゆったりしたシートを予約すると、おまけで搭乗手続きと手荷物の受取を優先してもらえます。さらに、飛行機の中でドリンク一杯が無料になるサービス券ももらえるのでお得です。

座席で電源コンセントが使える

スカイマークの飛行機では、170席以上あるうちの、半数以上の座席の下に電源コンセントがあるので、フライトしながらパソコンや手持ちの端末などを充電することができます。スカイマークは格安で航空券を提供しているので、機体をフルで運行していて飛行機の到着時刻が遅れることが多いデメリットがあります。そのため、乗客は空港で待っている間に携帯をいじっていると、バッテリーが消費して残量がなくなることもあるので、電源コンセントがあるのは有難いです。電源コンセントにスマートフォンを挿して充電すると、正常に接続できている時は緑の光が点灯し、問題があるときは赤色の光が点灯します。