スカイマークの機内サービスについて

仲の良い友人と一緒に旅行に行きたいと思う人は少なくありませんが、普段は会社に勤めているサラリーマンでも、時間があるときに集まって、一緒に食事をしたり一緒に旅行したりすることもあります。サラリーマンになって自分で自由にお金が使えると、旅行を節約三昧にはしたくないものです。普段は別々の地域に住み、会う機会がないので、今回の旅行は奮発して美味しいものをたくさん食べようという話で盛り上がっても、やはり食事以外が安く上がるならそれに越したことはないでしょう。

スカイマークの飲み物のserviceについて

格安航空会社のスカイマークは、飲み物や食事を無料で提供してくれることはありませんが、飲み物、また軽食やオリジナルグッズを機内で買うことができて、JALやANAなど他の代表的な航空会社と比べると、安い値段で買うことができます。具体的には、1杯100円でソフトドリンクを提供していて、温かい飲み物にはコーヒー、紅茶、緑茶の中から選ぶことができ、冷たい飲み物は、ポカリスエットか水、コーラ、りんごジュースの中から全部100円で選ぶことができます。一部の口コミによると、冷たい飲み物といっても常温のペットボトルを出してくるそうです。

さらに、大人に嬉しいのが1杯300円でビールやワインなどアルコールドリンクも買えることで、久々の休みに羽を伸ばして旅行して、飛行機の中で軽くアルコールを飲んで過ごすこともできます。アルコールも数種類用意されていて、キリンビール、神戸ワインの赤と白ワインです。さらに、飛行機を降りた後に車を運転する人のことも考えて、ノンアルコールビールも用意されています。なお、ノンアルコールビールあれば200円で買うことができます。夏の間は、アイスコーヒーとアイスカフェオレが提供され、アイスクリームの販売もあるので、子供たちにとても人気があります。

スカイマークは食事も有料

お腹がすいた時のために、おやつを100円で購入することができ、オニオンスープ、クラッツ、じゃがりこ、プチチョコチップ、カップヌードルの中から選ぶことができます。無料でキャンディーをもらうことができますが、欲しければ申し出ることになり、ムダを出さないように徹底されています。このように、全てにお金が掛かるのは気分がよくありませんが、LCCなので仕方ないと割り切ることもできますし、有料とは言え安い値段で飲み物を購入できるので、サービスは充実していると言えます。